会社概要

社名の由来

Cross Rouds(クロスロード)
技術を極めることを目指し、内装業の主業務であるクロス貼りの道を突き詰めるという意味を込めてクロスの道からクロスロードとした。

経営理念

クロス道を極める。
「道」という漢字は、「首」と「しんにゅう」で出来ていて首は人間を表し、「しんにゅう」は往来を表すことから、人が何度も同じことを反復して得た最高の善を指す。単にクロス屋としての技術を磨くだけでなく、人としての成長をめざす。常にその意識をもって仕事に励むこと。

お客様目線で考える。
新築の住宅であれば3000万を超える買い物となる。その商品を引き渡されたときにクロスに傷がついていたらどう思うか?自分がお客の立場だった時に、常に、買ってよかった、頼んでよかったと思われる仕事をし続ける。自分が受け取る立場にたって品質を意識することがお客様にとって満足に繋がる。

クロスロード設立について

オーナー経歴
 小さいころから図工と美術が得意で物を作ることが大好きだった。高校ではサーフィンにはまり、それこそ毎日のように海に行っていました。だから高校を卒業するときにサーフィンに係るモノづくりをしたくサーフブランドに就職しました。ところが実際に作る工程では機械化されていて、ベルトコンベアに流すだけのような作業に飽き飽きしてしまった。もっと手でつくりたい。完成品に携わりたいという想いから、20歳で退職し建築業界に入りました。
 最初は色々なモノづくりが体験したくて、土木作業や庭師などいろんな経験し21歳で内装業の会社に就職しました。色んな経験をした中で、内装業に落ち着けたのはお客様が目に触れる最後の部分を作り上げることが非常に楽しくやりがいを感じたからです。やっぱり喜んでもらう姿を見たいんです。
 23歳時に会社が倒産したこともあり、改めて自分のキャリアプランを見直しました。その時に、内装をもっと極めて職人としての腕を磨きたいのと、会社に左右されないように自分の力で仕事をしたいと独立を目標としました。床職人の経験のある親方を知り合いが紹介してくれ、独立を前提に相談したところ弟子入りすることができました。
 8年間修業をして、経験を積んだことで親方から独立を促され平成24年(31歳)の時にCross Rouds(クロスロード)を立ち上げました。

スタッフ紹介

阿部賢太

37歳

得意:柄物の壁紙、特殊素材の壁紙、フロアタイル

大切にしていること

常にお客様、住む人の気持ちになり行動をしています。
綺麗に貼るのは当然の事で、在宅の場合など、お客様が何をして欲しいか、どういう事をして欲しくないかを考えて手を抜きません。
例えば当たり前のことではありますが、清潔感のある身なり、きちんとした言葉使い、お客様の住環境を守る為のしっかりとした養生、家具を移動した際裏面のホコリ取りや、施工後の模様替えのお手伝いといった事を、毎現場、確認、打ち合わせをして、職人達と共有します。10年後も貼った時と変わらない仕上がりを目指しています。(タバコのヤニ、油汚れは別)
私は日本一『角』にこだわるクロス屋です。大前提としてクロスの繋ぎ目を綺麗に仕上げるのは基本であります。その上で『角』にこだわる理由は、入り隅がピシッと出ていると、その物自体は顔を近づけて見ないと分からないが、『角』が出ている部屋とそうでない部屋とでは、部屋全体のスッキリ感、空気が全然違う。自分しか分からない事かもしれないがこれからもこだわり続けていきます!

プライベート

Cross Roadsの代表であり、4歳と2歳の娘を持つ父親です、いつも笑顔にさせてくれるお茶目な天使たち!2人を授かった最愛の妻に感謝する日々を送っています。(^^♪
幼稚園の運動会の時にカメラを購入してからというものオンリーワンベストショットを追い求め子供たちの成長にレンズを向ける私であります。
自分の趣味はというと子供の頃からものづくりが好きで最近では自宅のダイニングテーブルを作っています。前回は玄関のベンチを作りましたが、その空間で家族が和んでいると作って良かったなぁ、と感慨にふけっています。もう少し大きくなったら簡単な子供椅子でも一緒に作りたいと思います。

阿部紀子

34歳

得意:事務

大切にしていること

美術短大で色彩やファブリックアートなどを学び、卒業後就職したインポートカジュアルアクセサリー雑貨店では、勤続年数10年、内7年は店長職を経験させてもらいました。
その中で培った接客経験や人材採用、育成経験を活かし、代表のサポートを主に行っております。
また、個人のお客様からのご依頼の場合、必要に応じてショールームにてクロス、カーテン、タイル選びのお手伝いをさせていただいてます。その際は、お客様のニーズを引き出し、お気持ちに寄り添って、クロス選びの過程も特別で楽しい時間に感じていただけるよう、親身になって納得行くまでお付き合いさせていただいております。

プライベート

独身のころから思い出のアルバムを作ってプレゼントするのが好きで、今は子どもの成長記録として家族のアルバム製作をしています。
完成したページを眺めて、家族が笑顔になってくれたり、思い出を振り返って会話をしたり、穏やかな気持ちになってくれる事が私の幸せです。
ささやかですが、兼ねてからの夢だったガーデニングを始めました。イタリアンパセリの葉を、黄アゲハの幼虫に全部食べられてしまって、茎だけになっていた時は驚きました。お気に入りのアメリカンブルーや、ラベンダーのお花に毎日癒され、植物が近くにある事で生活に彩りを与えてくれています。
家族は、夫、私、長女4歳、次女2歳の4人家族。感謝の気持ちを忘れない、なんでもオープンに話し合える、困っている時は助け合える、チームのような家族を目指して、ただ今ファミリー歴5年目の私達です。チーム一丸となって今日も明るい家族計画、顔晴ります!!

アクセスマップ

PAGE TOP